アムロジピンの作用機序

アムロジピンとは高血圧症、狭心症を治療するお薬です。高血圧症とは慢性的に血圧が高い状態であることを言います。血圧が正常より高い状態が続くと血管は固くなり、動脈硬化を起こす元になってしまいます。狭心症は心臓の冠動脈の血流が悪化し、心臓が一時的に酸欠状態になることを言います。胸が締め付けられるような息苦しさや痛みが特徴です。この二つは放っておくと重篤な病気を引き寄せてしまうため、食事内容の改善したりアムロジピンのような専用のお薬でじっくり治していく方法がとられます。さてアムロジピンの作用機序ですが、カルシウム拮抗薬として高血圧や狭心症の状態を治療する、とあります。 作用機序とは薬がどのように作用し状態を改善していくかということを文章にしたものとお考えください。あとカルシウム拮抗薬とはあまり聞くことがない言葉ですが、カルシウムは骨に関わりがあるだけではなく血流の増減に影響する物質でもあります。血管にはカルシウムが流入するとそれを受け止める受容体というものが存在し、結合することで血管が収縮し血流が増す仕組みになっています。血流が増すと血圧が上がってしまいますし、心臓の血管も収縮によって余計に狭くなりますから二つの病気の治療の妨げになってしまいます。ですがカルシウム拮抗薬が使われると、カルシウムが収縮に使われることを打ち消してくれますから症状が改善していくのですただし、作用機序を理解したからといっても副作用が全く無いわけではありません。アムロジピンは効き目が穏やかとは言われているものの頭痛や火照りなどの副作用がでる方もいらっしゃいますし、妊娠の可能性がある方や妊婦さんへの投与は基本的に禁忌です。処方に関しては医師に妊娠の有無や心配な症状があったことを伝えてください。

アムロジピン錠「明治」について

アムロジピン錠「明治」はMeiji Seika ファルマ株式会社が販売している医薬品です。
アムロジピン錠「明治」は主成分にアムロジピンベシル酸塩を持っており、高血圧症や狭心症の治療に使われる降圧薬の一種です。
この薬はアムロジピンベシル酸塩を主成分に持つジェネリック医薬品となるので、先発品よりも薬価が安いことがメリットとなります。
降圧薬(血圧を下げる作用を持つ薬)にはいくつかの種類がありますが、アムロジピン錠「明治」はカルシウム拮抗剤という種類に分類されます。
カルシウム拮抗剤が血圧を下げる仕組みは、血管壁の細胞にカルシウムが流入すると血管が収縮し血圧が上がることに対して、カルシウム拮抗剤を使うと細胞内へのカルシウムの流入を抑える働きをするため、冠血管や末梢血管が拡がり血圧を下げることが出来るというメカニズムになっています。
アムロジピン錠「明治」はカルシウム拮抗剤なので、この種類の薬の特徴である効き目が良くて安全性が高いというメリットを備えています。
しかし、安全性が高いとは言え、使用にあたって注意をしなければいけない状態の人もおり、それは過度に血圧が低い人や肝機能障害、腎機能障害がある人、妊婦さんや妊娠している可能性のある人、授乳中の人、以前に薬を使用してかゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがある人などが該当するので、医師や薬剤師の指示に従ってこの薬を飲むようにすることが大切です。
また、アムロジピン錠「明治」を飲んだ時の留意点としては、薬の効果で血圧が下がることにより、めまいやふらつきなどが起こることがあるので、車の運転や高所での作業などの危険を伴う行動をする時には充分お気をつけください。
他に、この薬を飲む時にはグレープフルーツジュースを同時に飲まないようにすることや、飲み合わせに注意が必要な薬も存在しているため、それらに気をつけながら使用するべき薬です。